そもそも界面活性剤とはなにか?



界面活性剤とは、特にメイクの商品やシャンプーに含まれているものとして聞くことがある成分です。

しかし、一体界面活性剤とは何のことでしょうか。

主な作用には表面張力を弱める点があります。成分には水分や油分に混ざる特徴があるために、あらゆる環境で表面張力を減らし、物質を混合する働きがあります。

良く知られている界面活性剤の種類には、サポニンやリン脂質、ペプチドなどがあります。主に使われるのが洗剤ですが、食品や化粧品の乳化剤・保湿剤としても使われていますので、私たちの生活には欠かせないものの一つです。

界面活性剤は、洗剤を衣類をしみこませやすくしたり、水分に油分をしみこませやすくするなど、通常はそのままだと混ざりあわないものを、混合させる作用があります。

その作用を利用して家庭用の洗剤や化粧品などに利用されています。そして保湿や浸透作用がある為に、染料としても使われることがあります。

界面活性剤は、親水性部分がイオン性(カチオン性・アニオン性・双性)のものと非イオン性(ノニオン性)のものに大別されます。それぞれの特徴を生かしながら私たちの生活中にはとても効果的に働くものです。

しかし使い方によっては害のある場合もあります。そのために使う商品には界面活性剤が入っているかどうか、確認が必要になる場合もあるのです。

化粧品などの商品などに多く使われていることで、とても一般的になっている界面活性剤ですが、意外な商品にも使われていることがありますので、注意をしてみると発見することがありますよ。

特に近年化粧品やシャンプーがもたらす皮膚への影響に警鐘を鳴らす方々も増えています。
是非ここでいろんな事を知って行ってくださいね。